macOSのポートで不要なポートが開いている原因と解決

macOSに限らず、コンピュータでは不正にアクセスされることを防ぐため、Firewallというものがあります。
単純に壁ですが、人が家に入ろうとした時や電気を通す時には穴やドアが必要になります。それがポートです。
ポートが不必要にたくさん開いているとそこからクラッキングされる、、などが考えられます。
なので不必要なポートは閉じたいが、実はmacOSでは不必要ながら開いてしまうポートがあります。

ポート

ポートが開いているかというのは外のコンピュータからでないとはっきりとはわかりません。なのでMacをお持ちの方はiPhoneや他のPCからチェックされる方も多いのではないでしょうか。調べ方がわからない方は、ポート スキャンなどで調べてみてください。

88 kerberos
認証方式

445 microsoft-ds
SMB共有

464 kpasswd
kerberos関係

625 dec-dlm
DEC DLM

749 kerberos-adm
kerberos関係

1640 cert-responder
プロファイルマネージャ

Appleはポートごとサービスを簡単な説明でリスト化しています
https://support.apple.com/ja-jp/HT202944

原因

ほとんどはmacOSに付随するサービスによるものですが、設定を見直すことでポートを閉じることができます。
ファイル共有機能やサーバー機能を使っている方は必要に応じて閉じてみてください。

解決方法

最新のmacOSを使っている限りは問題にはならないのですが、古いmacOSをアップデートせずに使っていたりすると踏み台のターゲットになるケースが報告されています。一例ですが下記を試して頂くことで、セキュリティは向上します。
なお、インターネットですとルータでのポートの開け閉めで防ぐことができるので、必要なポートまで閉める必要はないかと思います。フリーWIFIなどのローカルネットワーク上での不正なアクセスを防止する意味で閉じておいた方が良いでしょう。

Server.appサービスの停止
過去のバージョンでは有料だったのですが、最近は無料になっており、何故か入れている方も多いと思います。
入れてる方はこのアプリをそのまま削除してみてください。自動的にサービスは停止します。

共有サービスの停止
システム環境設定 >共有 に進み、チェックの入ってる不要なサービスをオフにしてみてください。

ファイアーウォールでのブロック
元から止める方法です。メニューを開き、
システム環境設定 >セキュリティとプライバシー >ファイアーウォール >(鍵アイコンでロック解除) >ファイアーウォールオプション

「外部からの接続をすべてブロック」にチェックを入れてください。
ただし、ファイルを転送するソフトや、サーバ機能のあるソフトが正常に動作しなくなる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です