Automatorサービスが動かない時の対処法

このワークフローには、他社によって提供されているアクション“ファイルパスを取得”が含まれています。他社製のアクションは明示的に有効にする必要があります

他社製のアクションを有効にするには、下にある“Automatorを開く”をクリックして、“Automator”メニューから“他社製のアクション”を選択します。

macOSではプライバシー強化のアップデートによって様々な機能が承認しないと動かなくなってます。
ワークフローを右クリックメニューに登録して使っている方も多いと思いますが、その設定方法です。

1、Automatorを開く

2、初期ウィンドウが開くが無視し、Automatorメニューより「他社製のAutomatorアクション…」を選択

3、チェックボックスにチェックをし「OK」

2 Comments

  1. ご解説ありがとうございます。
    9月からmacOSにシステム移行を始めていますが、いまだにメインは第二世代のコアを搭載しているウィンドウズ機です。
    個人サイトの解説や知恵袋も情報が古く、アップルのサポートも情報が極貧でカスタマイズも思うように進みませんでした。
    このTipsのおかげで少しは思い通りに動くと思います。

    1. ありがとうございます。
      私もiTunes関係など未だ手こずっているところがありますが、今後も情報を共有していけたらと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です